カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
これは宣伝の言葉や文句に騙されないように。
時代がかったセットやムードは素晴らしい。
キャッチコピーなどに惑わされなければきっと満足できるサスペンスだろう。
しかし、前宣伝で損をしている。シネマトークには最適。  すでに公開が終わってしまったが、サロンシネマで4/10~23日に上映されたフランス映画「ずっとあなたを愛してる」が今のところ私の上半期ベスト1です。DVDなどで是非一度観てほしい。
評価3/5
[PR]
# by blue9n | 2010-10-24 21:47 | 映画

姪がストーカー被害に…

一人暮らしをしている姪がストーカーに困っている。
夜道で後ろからつけられているような気がする。
窓からこちらを伺っているようだ。
電車に乗っても視線を感じるなどなど。

警察に行っても実害がないから捜査は難しい。
その男を特定できれば良いのだが…とあまり乗り気でない。
しかも、気のせいじゃないですか?なんて言われたそうだ。

ネットで調べてみると探偵社の名前がずらりと出てきた。
取り敢えず何軒かに電話してみると、どうもハッキリしないし値段も高い。

そして見つけた探偵社が「毎日の事なんですよね。それなら簡単です。」と言ってくれた。
翌日、姪と一緒に行って相談をする。
一週間、時間を決めて通勤をする事にした。

3日目に捕まえましたと電話があり。
もう二度としないと念書を書かせ、
後ろを付けてるDVD・部屋を伺っているDVDを証拠品として警察に提出した。

その男がどうなったかは知らないが、姪は一時的に私の家に引っ越し、
落ち着いてから別の地域のマンションに引っ越しました。

ストーカー大阪で探したのはこちらの探偵社さんです。

変な事にならなくて良かったとつくづく思います。
警察がだめなら探偵社の相談するのが良いですよ(^o^)
[PR]
# by blue9n | 2010-06-03 13:23 | 大阪
25日の野球部のリーグ戦後に膝が痛いと言いだし、月曜日に整形外科に連れて行きました。
チャリで宮島の先まで往復した事を言わなかったらしく、走り込みをしすぎたか、同じ姿勢で右膝を使いすぎたのだろうと言われたそうです。
でも、ケチな息子は病院で松葉杖を借りず、学校の保健室で無料のモノを借りてきました。

チャリがげんいんにきまってるだろ!
とは言わずに黙って学校へ送りました…


でも、おかげで毎朝高校まで送らされる羽目になっています(T_T)
会社に間に合わないので5時起きが続いています…
早く治ってくれ~


不思議なのは今回のリーグ戦。
西部リーグ初戦は不戦勝、2回戦は雨のため試合が出来ず日程の関係で、先発の9名同士でジャンケンして5-4で勝利、3回戦は2年生の不祥事でバッテリーを含めた4名が1年生で6-1で勝利。西部リーグの1位通過となりました。

25日は他リーグの2位チームとの戦いでしたが、13人が風邪で休みのチームに6-2で勝利。
つまり運だけで勝ち上がってきました…
このツキはいつまで続くのでしょうかね~(^O^)
[PR]
# by blue9n | 2010-04-30 12:56 | 広島

愛のS字曲線

 山形大工学部の堀切川一男助教授が、恋愛の状態を体系化した「ラブマップ」を考案した。
 横軸に自分の愛情度、縦軸に相手の愛情度を設定。双方の愛情が10%以下の「他人」から始まり、「知人」「友人」と親密度が増し、双方が50%以上で「恋人」となる。80%以上が「夫婦」。
 自分の愛情が50%以上なのに、相手が50%以下なら「片思い」、逆なら「相手の片思い」になる。
 2人の思いが同じまま進めば「夫婦」への最短距離をたどるが、自分の「片思い」から「恋人」になり、そのまま「夫婦」になると、相手が図に乗り幸せになれないこともある。逆のパターンだと、相手への思いやりに欠ける恐れがある。
 そこで幸せなゴールインの方法として、「まず自分がほれて、それから相手にほれさせる。時には冷静に突き放し、相手の愛情が高まったところでほれ直す」というパターンがお奨めで、グラフ上にS字の曲線ができることから「幸せのS字曲線の法則」と呼ばれている。
 このラブマップを見れば、自分の状況を客観視できるので、○○君大いに利用して下さい。
[PR]
# by blue9n | 2010-04-01 19:42 | 広島

我が家のしきたり

私が20代の頃に亡くなった父と祖母
10年前に相次いで逝った祖父と母。

家の近くにある浄寶寺に眠っているが、この四人組は実に霊験あらたかで、
幼稚園の頃墓参りをしていると、虫嫌いの息子が
「なんで僕らばっかり墓まいりなんじゃ!」と寺の外へと走り出した。

途端に転んで膝が血だらけ。
「バチが当たった…」と泣きながら墓に謝り始めた。

それからというもの、お願い事があればすぐ墓に行こうと言いだした。
クリスマスのプレゼントから運動会での一等賞。
音楽会の無事終了からソフトボールでの活躍…

そして今回の受験と全てが四人組頼み。


何より兄は東京なので、父代わりの冠婚葬祭は私が全て引き受けていて、
息子も通夜や葬式・法事には詳しく、ぐずる小さな子に「このお経はもうすぐ終わるからね」と、なだめ役もする。


しかし今回の受験はすごかった。
四人の受験生全てが第一志望に合格し、墓にはお花と線香が切れる暇がないほどだ。

改めて四人組の有り難さに感謝を込め、今日もお墓に行ってきます。
やはり、小さな寺だけど、近いのが一番ですね~
[PR]
# by blue9n | 2009-10-14 13:59 | 広島